強味は何がありますか?
自宅で役目を務めることが不可能ではないことを想像すると、相談にだったら時間ですね。
当人の程よい時間に労働することが出来ることに併せてバカンスなどの調達も自分の予定に合わせて設定可能です。

本当に相談に 探していますどんな仕事って必要なのか?

出来る領域のことを不都合なく出来るのであれば長年続けることが出来てくるものだろうし、相談に継続していれば活動の量をひとつづつ増大させていくことも可能性が出てきます。
受託量を加えていくことが出来たなら相談に、稼ぎのアップにもつながるでしょう。
ここまで時間的スケジュールが上手くつくということはどんなことよりまして優位となると考えられます。
悪い点はいずれにある?
一方で考えると危険が事実上ないとも言い通せませんよね?
自由に請負を受けて稼ぎを得るという状況が相談に 探していますどんな仕事だから相談に、仕事の取決めは必然的に守らなくてはなりません。

渋谷で相談に 探していますどんな仕事が流行っているらしいが

当たり前ですが、相談にお店などで働いているときとは変わりもしもの事例で対応してくれる顧問がいない理由から危険への取り締まりも個々にしなければならなくなることが負荷になるでしょう。
なおかつ収入の内容によっては自身で納税の申告をしなければいけません。無申告にしてしまったなら税務署の方から隠していた分の請求が迫られることもあるようです。
家での受託をすると言うことであれば個人で働くことになったという現実だと理解してください。個人で雑多な手続きなどでも処理しなくてはいけないということなのでしょう。
どんな商売をするにしてもその不安定さはあると推定して覚悟しなければならないのです。